AZヒーター WA-B1/WA-H1

さや管工法に最適! ベースタイプ13W/m

 

AZヒーター

 

AZヒーター 詳細図

 

AZヒーター 仕様・定格

特 徴

  • 自己制御特性により異常過熱がなく、ヒーター同士の重ね、Uターン施工が可能です。
  • 極細型タイプで柔軟性に富んでおり施工が簡単です。
  • 省エネルギータイプで経済的です。(10℃時 13W/m)
  • ポリオレフィン系外層被覆のため耐久性に優れており樹脂管への悪影響がありません。
  • 樹脂管(ポリエチレン、ポリブテン)、システム配管への施工に向いています。
  • 高温になる配管(65℃以上)にはH1タイプ(耐熱温度95℃)を御使用ください。
  • 必ず専用回路・漏電ブレーカーを設置してください。
  • 短サーモ TS-01をお取付けください。

ヒーター自身にはOFFする機能はございません。

 

AZヒーター 出力特性

 

AZヒーター 施工例

 

 

AZヒーター 説明

 

 

AZヒーターの注意事項

  • 水道凍結防止用途として使用してください。(油及び化学薬品類の接する場所や、被加熱体が動くものとして、可動性のホースや、振動のある機械への取り付けはできません。)
  • 必ず、許容温度範囲以下で使用してください。(蒸気配管及び高温流体へは使用できません。著しい出力低下を伴い、製品劣化に陥ります。) WA-B1(耐熱温度65℃) WA-H1(耐熱温度95℃)
  • ヒーターにキズを付けたり、極度の曲げ(直径20mm以下)や、衝撃・荷重等を加えないでください。(外層被覆にキズが付きますと感電・漏電の原因になります。)
  • 短サーモ(TS-01付き)が標準品です。サーモを取付けてください。(サーモスタットが付いて無いと凍結シーズン以外でも、通電しております。様々な不具合が生じますのでご注意ください。)
  • シビアコントロールに際しては温度制御装置を選定してください。(推奨品 ワークボーイ)
  • 施工完了後、絶縁抵抗値測定(メガー)を、実施してください。
  • ヒーターの固定には、ポリエステルテープ・グラステープ・アルミテープ等を使用してください。(ビニールテープは不可)
  • 安全にご使用いただくため、凍結シーズン前には必ず点検してください。(キズ、変形、ひび割れ、変色、その他異常がある場合は使用はやめ、ヒーターを交換してください。)

融 雪

(屋根、ロードヒーティング、融雪マット)

凍結防止対策でお悩みの業者様は、
こちらまでお問い合わせください。
 

TEL. 0263-72-7239

個人の方への販売、及び施工指導はおこなっておりません。

お近くの水道工事店様、もしくは設備工事店様へお問い合わせください。